楽な人生? The Easy Life?

(English follows Japanese)

去年の夏にアメリカに帰ったとき、まるで競技場のような大きな場所で説教をしている牧師をテレビで見ました。きちんとした身なりの素晴らしい説教者です。

彼は苦しみは短い間だけで、良いことはもうすぐ訪れると話していました。

彼の言う良い時とは新しい仕事、新しい家、仕事での昇進です。

何度か彼をテレビで見たことがありますがいつも同じような内容です。

とても魅力的なメッセージですよね

良いことはもうすぐやってくるよ

あなたは裕福になるよ

あなたは今よりももう少し居心地が良くなるよ

神様は私たちのこの人生に良いものを与えてくださいますか? もちろんです。

私たちの多くが神様からの必要以上の素晴らしい贈り物を経験しています。

でも私たちは祝福や楽な人生をいつも神様に期待すべきでしょうか?

 

2週間前にマーク先生が人生の試練について話しました

シャデラク、メシャク、アベデネゴが火の燃える炉の中に投げ込まれました。

そして、この日曜日に私は“欠けていること”について話しました。

金持ちの男の話に出てくる男性は神様が欠けていて、その結果、自分の持ち物を手放してイエス様についていくことができませんでした。マーク先生と事前に打ち合わせをしたわけではありませんが、この2つのメッセージにはつながりがありました。福音の中心は、楽で問題のない人生が約束されていることではありません。福音とは、イエス様が私たちを苦しみから救い出してくれるのではなく、苦しみの中に私たちと一緒にいてくださるということです。イエス様は燃える炉の中の4人目の者でした。福音の中心はイエス様が神様を信じきって全てを手放し、私たちのために十字架の上で自らを捧げてくださったことです。確かに、私たちは神様に自分を苦しみから救い出し、欠けているものを満たしてほしいと期待します。それは悪いことではありません。しかしイエス様の内に成熟するためにも、私たちの試練の中にイエスさまに入っていただきましょう。私たちが欠けているものとの闘いをイエス様との旅としましょう。イエス様は私たちの不完全な生活で共にいてくださる神様なのです。彼は私たちの痛みを同じように感じてくださる神様なのです。この神様こそが私が永遠に一緒にいたい神様なのです!

 

When I visited America last summer, on TV I saw a pastor of a church that looked like it was in a stadium. He was well-dressed and was a great speaker. He was talking about suffering for a short time but that good things are coming soon. Those good things were a new job, a new house, and a promotion at work. I’ve watched him several different times and he usually talks about the same things. It’s a very attractive message. Good things are coming soon. You’re going to get wealthier. You’re going to get a little more comfortable than now. Does God give us good things in this lifetime? Absolutely. Many of us have experiences where God has provided us with amazing things that are more than we need. But is it fair for us to expect blessings and an easier life?

Two weeks ago Mark talked about trials of life. Shadrach, Meshach and Abednego were thrown into a furnace. This past Sunday I talked about the idea of “lack”. The rich man was lacking God and was unwilling to give up his comfort to follow Jesus. Both messages are related, even though we didn’t plan it that way. At the center of the gospel is not the promise of an easy, trouble-free life. The gospel centers on Jesus, who doesn’t save us from suffering but enters it with us. He is the fourth person in the middle of fiery furnace. The gospel centers on the cross, where Jesus lacked everything and fully trusted in God to give us salvation. We certainly hope for God to save us from suffering and provide what is lacking. That is totally fine. But for us to be mature in Christ, let us embrace Jesus in the middle of our trials. Let us make the journey with Jesus as struggle with what we lack. He is a God who enters our incomplete lives and sits with us. He is a God who experiences the same pain as we do. That is a God I want to be with forever!