不快音か福音か? Offensive News or Good News?

(English follows Japanese)

兄弟たち、もし私が今でも割礼を宣べ伝えているなら、どうして今なお迫害を受けることがありましょう? それなら、十字架のつまずきは取り除かれているはずです。(ガラテヤ511節)

今週の日曜日は、受け入れられていない人を受け入れる、というイエスの教えについてお話ししました。イエスは貧しい人、虐げられている人のところに来られました。彼はいつも悪い知らせを聞いている人たちに良い知らせを告げようとされたのです。その良い知らせとは、神様が彼らの罪を赦して救いの中に招いて下さる、というものです。

イエスが異邦人を含めたすべての人に届く神の御心について話そうとすると、イエスの故郷の人々は怒りを感じました。彼らは怒りのあまり、礼拝の最中にイエスを崖から投げ落とそうとまでしたのです。

 

あと2週間ほどで、私たちはイエスの死と復活をお祝いする日を迎えます。私たちはイエスの十字架上の死に、尊い愛の行為を見ます。イエスは私たちの罪を赦すために、私たちの代わりに死なれたのです。

しかしこの十字架を不快に思う人もいます。冒頭のガラテヤ人への手紙の中でパウロは、異邦人はユダヤ人の法には従わなくてよい、と言っています。彼らは十字架を信じるだけで救われるからです。このことを不快に思うユダヤ人もいました。同様に現代でも十字架について不快に思う人がおられるでしょう。いくつか例を挙げてみます。

 

1)すべての人が十字架によって赦されるということ。

殺人者や凶悪な犯罪者も救いに与ることができるのです。多くの人にとって、これは公正なこととは思えないでしょう。だからイエスが全人類を受け入れたというのは、私たちの気持ちを不快にするのです!

 

2)十字架だけが救いに至る唯一の道であるということ。

人々は唯一の絶対的な真理という考えを好みません。どんな信仰でも、どんな宗教でも、みんな天国に行けると信じたいからです。あなたはあなたの神を選んだらいいし、私は私の神を選びます。そんなふうに思いがちです。

 

3)私は罪人であり、イエスは私のために死ぬ必要があったということ。

自分が罪人であるという考えは人を不快にします。誰でも、私はまあまあ良い人間だと思っているからです。私は法律に触れるようなことをしていない。どうして私が罪人であると認めなければいけないの?どうして神様はそんな厳しい基準を押し付けるの?神様は良い方なのだから私を赦して下さるはずだ。そんなふうに思ってしまいます。

 

4)救いがあまりにも簡単すぎるということ。

ただイエスを信じるだけで神様との関係を持つことができる、ということに多くの人は驚きます。神様に受け入れてもらうためには規則を守って、神様のために一生懸命働かないとダメでしょう?ほとんどの宗教が厳格な決まりを必要としているのに、どうしてキリスト教にはそれがないの?そんなふうに思ってしまいます。

 

私たちがするべきことは、イエスがしたように、すべての人を受け入れることです。とりわけ人々に受け入れられていない人を探し出すことが必要です。私たちがするべきことは、十字架が不快なものとならないようにすることではありません。イエスが十字架によって示して下さった愛を他の人たちに示していくことが必要なのです。私は受け入れられています。あなたは受け入れられています。それこそが良い知らせ(福音)なのです!

 

Brothers and sisters, if I am still preaching circumcision, why am I still being persecuted? In that case the offense of the cross has been abolished.

Galatians 5:11

 

On Sunday I talked about Jesus’ mission to accept the unaccepted. He came to reach the poor and oppressed. He wanted to tell the good news to those who usually hear bad news. That good news is that God forgives them and welcomes them into salvation. When Jesus tried to talk about God’s heart to reach everyone, even the Gentiles, people in his hometown were offended. They were so offended they tried to throw him off a cliff in the middle of a worship service!

 

In the next few weeks we will celebrate the death and resurrection of Jesus. We see his death on the cross as a precious act of love. He died in our place to forgive our sins. But others see the cross as offensive. In the above passage in Galatians, Paul says that Gentiles don’t have to follow Jewish law. They have salvation just by believing in the cross. That was offensive to some Jewish people. In our context, there are a few things I can think of as offensive about the cross.

 

1) Everyone is forgiven through the cross. Even murderers and terrible criminals can find salvation. Many people feel this is not just. Jesus’ acceptance of all humanity is offensive!

2) The cross is the only way to salvation. People don’t like the idea of one absolute truth. They would like to believe that anyone can go to heaven for any belief or religion. You choose your god and I’ll choose my own.

3) I’m a sinner and Jesus needed to die for me. The idea of being a sinner is offensive. I think I’m a pretty good person. I haven’t broken any major laws. Why do I have to admit that I sinned? Why does God have such a strict standard? God should just be nice and forgive me.

4) Salvation is too easy. Many people are surprised that just believing in Jesus is all you need to have relationship with God. I must have to follow rules and work hard for God for him to accept me right? Most religions require some strict guidelines, why doesn’t Christianity?

 

Our job is to accept everyone as Jesus did. We need to especially look for the unaccepted. Our job is not to make the cross less offensive. We need to point others to love Jesus showed us through the cross. I am accepted. You are accepted. That is good news!